埼国日記

埼国日記は埼玉国際ゴルフ倶楽部からの様々な情報をお伝えいたします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は埼玉県支配人会の県外研修にて名門箱根CCをラウンドさせて頂く機会を得ました。
開場が昭和30年クラブハウスも歴史を感じるとても素朴な雰囲気のゴルフクラブでした。
コースは有名な設計家赤星四郎様の設計。木をあまり植えないこだわりが
あったとのことで広々と造られています。とにかくコースメンテナンスがすばらしいとの
ことで楽しみにしておりました。FWは高原なので野芝、今回は更新作業中だったので
砂が入り難しかったです。(>_<) グリーンのデザイン、状態はとてもすばらしかったです。
練習場、アプローチ練習場も大変充実しておりとてもうらやましかったです。
一番感動したことはコース内に池がたくさんあり、また自然の川、クリークが流れています。
日本でこのような自然の川が流れているコースは初めて体験しました。しかもその水が
きれいなこと!!池も「湧き水かけ流し!」といった感じでものすごく澄んでいます。
とっても充実した一日を体験させていただきました。
埼玉国際も皆様に楽しい充実した1日を過ごしていただけるよう日々改善に取り組んで
行きます! 支配人 貫井

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。